正式証明の法人印

代表印会社の代表印として使用される印鑑には、大きく分けて3つの種類があります。代表者印や会社銀行印と並んで、認印としてよく使用されるのが角印です。3種類の印鑑は、それぞれの役割を持っています。会社実印(代表者印)は、法務局に登録する印鑑です。会社銀行印は銀行に届け出る印鑑で、会社で預金を支払うときや手形・小切手などに押印します。角印は会社の認印にあたり、社名と共に領収書や見積書などに押印する印鑑です。代表者印や会社銀行印に比べると、角印は最も使用する機会の多い印鑑といってよいでしょう。

角印は会社の権威を示す印鑑として使用されますが、その使用頻度は高く、人目につきやすい印鑑でもあります。そのため、角印を作るときには書体はもちろん、文字の配置バランスやサイズにも配慮することが大切です。角印などの会社代表印の作成により多くの実績を持つ印鑑ショップに注文したほうが、納得のいく仕上がりを見られることでしょう。仕上がりに満足するだけでなく、実際に会社の威厳を放ってくれる印鑑であることも必要です。頻繁に使用する会社の印鑑だからこそ、角印は信頼できる印鑑ショップに作成を依頼しましょう。通販サイトにも、高い実績を持つ印鑑ショップが増えてきています。