選べる書体やサイズ

角印には、代表者印や会社銀行印と同じように基準のサイズがあります。実印よりは少し大きめのサイズで、会社名だけが彫られているのが特徴です。基準サイズは、18.0mm~24.0mm。会社の権威を示す印鑑ですから、基準サイズの中で好みの大きさを選びましょう。会社名によっても、上手く収まる理想的なサイズがあるはずです。どのくらいのサイズが適切かについて、相談できる印鑑ショップに依頼できれば安心です。

印鑑ショップ角印は、会社名によって文字のバランスを考える必要があります。会社名だけでバランスがよくならない場合は、おくり字として「印」や「之印」を会社名に加えることもできます。会社名に限らず、各種法人や事業所、店舗などの認印として、見た目も重要なのが角印です。一目で権威を感じられるような印象の構成を提案してくれる、印鑑ショップに依頼しましょう。

印面の書体にも、こだわることができます。さまざまな書体がありますが、人気が集中しているのが篆書体・吉相体・古印体です。書体の選択肢が多く、どんな書体の希望にも良い仕事で応えてくれる印鑑ショップがよいでしょう。角印によって、事業の成功が左右されることもないとはいえません。それほど、大事な社印なのです。